ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ロシア極北地方でヘリコプターによる投票

2016年10月25日

ここ、ロシアのネネツ自治区は、北極海沿岸に近い、ロシア極北のツンドラ地帯に位置する人口の少ない地域です。

ここで生活しているのは、食料、住まい、移動のすべてにトナカイを使う遊牧原住民、ネネツ人です。

ネネツ自治区は、行政の中心地から遠く離れているため、投票に行くのも大変です。

そこで活躍するのが、ロシアの選挙公務員です。彼らは、ヘリコプターでこのような遠く離れた場所にむかい、ネネツ人がロシア国家院の選挙で投票できるよう支援しています。

 「チュム」と呼ばれる伝統的なテントの中で、選挙公務員が見守る中、遊牧民の女性が投票用紙に記入します。

そして投票者たちは、トナカイのそりの上に置かれた、移動用投票箱に投票用紙を入れるのです。

投票用紙が回収されると、公務員は再びヘリコプターに戻り、ツンドラ地帯を飛びながら、次のネネツ人のキャンプへと向かいます。

著者:Sergei Karpukhin

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧