ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ベルリンのシュタージ刑務所を思い起こす

2016年10月26日

いま、54歳のヘンリー・ロイシュナーさんはドイツの歴史の一部といえます。

なぜなら、ロイシュナーさんは、共産国東ドイツからの脱走に失敗し、1980年代前半の1年と9ヶ月を

ドイツ民主共和国の悪名高いシュタージが管理する刑務所と病院で過ごした経験があるからです。

ここにもう一度足を踏み入れると、いやな思い出がよみがえってきます。

SOUNDBITE:ヘンリー・ロイシュナーさんの言葉(ドイツ語):

私たちはシュタージ刑務所の中庭にいます。刑務所というより、拘置所です。それまで見た人はいませんでした。その時は38番棟に拘束されました。そこのグレーのドアがある所です。

最初にこの刑務所に連れてこられた時、ロイシュナーさんは病院に送られました。脱走しようとした時に、自動襲撃システムを作動させてしまい、金属片が体中にささったからです。この手術室で何度も手術を受けました。

そして手術の後は、この刑務所内の部屋で治療を受けたのです。

SOUNDBITE:ヘンリー・ロイシュナーさんの言葉(ドイツ語):

居室は東を向いていたので、一日中日が当たる他の居室と比べるとそれほど暑くはなかったです。日が当たる方向にガラスのブロックがあり、大変暑くなるのですが、一日中そこに横たわっていました。他の囚人に頼っていました。

ロイシュナーさんの推定では、1年半くらいこのような処罰室に入れられました。壁は防音対策がとられていて、大声を出しても隣の居室の声は聞こえないようになっていました。

SOUNDBITE:ヘンリー・ロイシュナーさんの言葉(ドイツ語):

私は、ウンターマスフェルド刑務所で18日ずつ8回、複数の処罰室に入れられました。どの部屋もこの部屋と同じように、部屋の中の部屋という作りになっていました。ドアを閉められ、電気を消され、一人にさせられました。

刑務所の当局者はドイツが統一した後、記録と書類の多くを破棄したと言われています。限られた情報はロイシュナーさんたち、経験者からの情報しかありません。この刑務所が運営されていた間、4万人の政治犯が拘束されていたと推定されています。この建物は今は博物館になっていて、何十万もの人が毎年訪れます。

著者:Axel Schmidt

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧