ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州市場サマリー(25日)

2016年10月26日

[25日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで約8カ月ぶり、対円で約3カ月ぶりの高値に上昇。最近の米連邦準備理事会(FRB)高官の発言や米大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン候補が勝利するとの見方から、12月の米利上げ観測が高まっている。

CMEグループのフェドウォッチによると、市場が織り込む12月利上げの確率は78%超と、24日の約74%から上昇している。

<ロンドン株式市場> 反発。堅調な生産高発表が好感されたアングロ・アメリカン<AAL.L>など資源株が買われた。

アングロ・アメリカンは4.6%高。今年に入って270%の値上がり。FT100種<.FTSE>とSTOXX欧州600種<.STOXX>の構成銘柄で今年最も高い上昇率を記録している。

他の資源株も好調で、リオ・ティント<RIO.L>、グレンコア<GLEN.L>、BHPビリトン<BLT.L>、アントファガスタ<ANTO.L>は3.0%から4.5%の値上がりとなった。FT350種鉱業株指数<.FTNMX1770>は3.67%上昇した。  

<欧州株式市場> 下落し、STOXX欧州600種<.STOXX>は0.35%安で取引を終えた。力強い値上がりで始まったものの、欧米の企業決算の内容がまちまちだったことで市場心理が悪化した。

ドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は一時年初来高値を更新する場面もあった。IFO経済研究所が発表したドイツの10月の業況指数が予想外に改善したことが好感された。

<ユーロ圏債券> 70年債を発行したオーストリアの国債利回りが4カ月ぶりの高水準に迫った。

70年債を発行するのはユーロ圏ではオーストリアが初めて。INGのアナリストは同国が2012年の50年債の発行で20億ユーロを調達したことを踏まえると、今回の70年の発行でも15億─20億ユーロを調達すると予想。シンジケート団に加わっている銀行は50億ユーロを超える需要があったとしている。

投資家の間で国債発行に備える動きが出るなか、オーストリア30年債<AT30YT=TWEB>利回りは一時1.03%と、政府が国債発行の可能性を明らかにした前日から6ベーシスポイント(bp)上昇。今月に入って付けた4カ月ぶりの高水準となる1.09%に迫った。

オーストリアでは2012年に発行された50年債(2062年償還)がこれまで償還期限が最も長い国債となっているが、同国債の利回りは1.22%と、30年債利回りと同程度上昇し、約1週間前に付けた4カ月ぶりの高水準の1.25%に迫った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧