ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ポンド・ユーロ反発、欧州の追加緩和観測が後退=NY市場

2016年10月26日

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ポンドとユーロがドルに対して朝方の安値から切り返した。イングランド銀行(英中央銀行、BOE)のカーニー総裁の発言で、欧州の追加金融緩和観測が後退した。これにつられてドルは対円でも値を消した。

ユーロ/ドル<EUR=>は一時約8カ月ぶりの安値まで売り込まれたが、終盤は0.09%高の1.0890ドルとなった。ポンド/ドル<GBP=D4>は1%強下げて約2週間ぶり安値の1.2082ドルを付けた後、直近は0.35%安まで下げ幅を縮めた。

カーニー総裁は、11月3日の金融政策委員会における政策判断で「間違いなく」最近のポンド安を考慮に入れると表明。アナリストによると、これがBOEの早期追加利下げ期待に水を差した上に、欧州中央銀行(ECB)が緩和強化に動くとの観測も後退した。

BKアセット・マネジメントのマネジングディレクター、キャシー・ライアン氏は「カーニー氏の発言は欧州の緩和に疑問を投げかけた」と指摘し、市場参加者はユーロとポンドの買い戻しに動いている公算が大きいと述べた。

終盤のドル/円<JPY=>は横ばいの104.17円。一時はおよそ3カ月ぶり高値の104.87円まで上昇した。

約9カ月ぶりの水準まで上昇する場面があった主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.07%安の98.687となった。

TJMブローカレッジの外為共同責任者リチャード・スカローン氏は「市場はあまりにもドル買い持ちに傾き過ぎていた」と語った。

ドル/円 NY終値 104.22/104.24

始値 104.56

高値 104.87

安値 104.12

ユーロ/ドル NY終値 1.0886/1.0890

始値 1.0877

高値 1.0904

安値 1.0851

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧