ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

欧州市場サマリー(26日)

2016年10月27日

[26日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対して下落した。米連邦準備理事会(FRB)の12月利上げ観測が、最近のドル高に完全に織り込まれたとの声も聞かれるが、米金融政策見通しや大統領選の行方がなお不確かとの見方が広がった。

外為市場:[USD/J]

<ロンドン株式市場> 反落した。ホテルやコーヒー店で国内最大手のウィットブレッド<WTB.L>が大きく値を下げたほか、鉱業株やエネルギー株が全体を押し下げ、FT100種 <.FTSE>は3週間ぶりの安値をつける場面もあった。

ウィットブレッドは4.6%安。FT100種の中で最も高い下落率となった。売り上げの伸びが鈍ったとする前日の発表を受けて、ドイツ銀行やケプラー・シュブルー、クレジット・スイス、カナコード・ジェニュイティが一斉に目標株価を引き下げた。

FT350種鉱業株指数<.FTNMX1770>が1.35%下落した。業績や生産高の見通しを下方修正したアントファガスタ<ANTO.L>が3.2%安となり、部門全体を押し下げた。アングロ・アメリカン<AAL.L>、グレンコア<GLEN.L>、BHPビリトン<BLT.L>は1.7%から2.2%の値下がりした。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 小幅続落で取引を終えた。デンマークの製薬会社ノボザイムズ<NZYMb.CO>など軟調な企業業績の発表が市場心理の重しとなった。

ノボザイムズは11.2%の急落で2年ぶりの安値をつけた。STOXX600種の構成銘柄で最も下落率が大きかった。第3・四半期の営業利益が予想に届かなかったことに加え、通期の営業利益見通しを引き下げたことが嫌気された。

一方、高級ブランド「グッチ」の親会社の仏ケリング<PRTP.PA>は7.8%高。グッチが2012年以来の2桁成長となったことが評価された。

英ブリティッシュ・エアウェイズの親会社インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は5.2%高。ブリティッシュ・エアウェイズが新たな年金支出の取り決めに合意し、グループとして配当実施の余地が生まれたと受け止められた。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> ポルトガル国債が他の域内国債をアウトパフォームした。5年債入札が堅調な結果に終わったことが追い風となった。

域内国債の利回りは総じて7─9ベーシスポイント(bp)上昇。英国債の売りが波及したほか、原油相場の持ち直しを背景に、米10年物のブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が約6カ月ぶりの高水準をつけたことが重しとなった。

ポルトガル10年債<PT10YT=TWEB>利回りは3.21%と、1bpの上昇にとどまり、独連邦債との利回り格差は約6週間ぶりの水準に縮小した。

ポルトガルが実施した5年債入札は借り入れコストが前回入札の1.87%から1.751%に低下した。同国に主要格付け会社で唯一、投資適格級の格付けを付与しているドミニオン・ボンド・レーティング・サービシズ(DBRS)が先週末、格付けを据え置いたことで買い安心が広がった。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧