ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米共和党「上院で過半数失う」、トランプ氏批判噴出

2016年10月27日

[ワシントン 26日 ロイター] - 米大統領選まで残り2週間を切るなか、大統領選と同時に行われる上院選の見通しをめぐり共和党内では、これまで維持してきた過半数の議席を失うのではないかとの危機感が強まっている。

党関係者からは、大統領選のドナルド・トランプ候補が他の共和候補の足を引っ張っている、とのあからさまな批判の声も聞かれる。

ある関係者は「戦況は芳しくない。上院は(民主に)奪われるだろう」とした上で、各種世論調査の結果から、ペンシルベニア、イリノイ、ウィスコンシン、ニューハンプシャー、ノースカロライナ、ミズーリの各激戦州で共和は議席を失う恐れがあると語った。

上院の定数は100議席で、共和は現在54議席を握る。党派的に中立な「クック・ポリティカル・レポート」は25日、今回の上院選で民主が5-7議席増やすとの予測を示した。民主は安定多数の60議席にこそ届かないものの、過半数は確保するとの見立てだ。

別の上院関係者は、前出の関係者ほど悲観してはいないものの「結果はどちらにも転ぶ可能性がある」と指摘。「もし共和が上院で過半数を確保できないとしたら、それはドナルド・トランプのせいだ」と言い切った。

大統領選に関する複数の世論調査によると、現時点で民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のトランプ候補との差は約5ポイントで、クリントン氏がリードしている。過去の投票結果を調べると、大統領選と上院選の相関関係は非常に大きいことがうかがえる。とはいえ、選挙戦をめぐる動きはこれまでのところ波があり、予測がつきにくく、今後情勢が一変する可能性もある。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧