ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ECB、12月にQE延長めぐる決定=オーストリア中銀総裁

2016年10月28日

[ニコシア 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は、ECBは12月の理事会で、資産買い入れ延長をめぐるメカニズムについて決定するとの考えを示した。キプロスでの講演で述べた。

総裁は12月会合では2点の決定が行われると指摘。「資産買い入れの程度や期間の延長に加え、延長した場合に、対象資産は十分か、またどのような資産を買い入れるのかについて決定するだろう」と述べた。

関係筋はロイターに対し、ECBが当面の期限としている来年3月以降も買い入れを継続するのが確実と明らかにしている。

ノボトニー総裁は、ECBの金融政策は成功しているが、何を達成できるかについては限界があるとし、財政、構造政策による支援が必要との立場を示した。

またECB内には成長とインフレがともに低迷する「日本のような状況を回避したいとの強い意思がある」とした。

ユーロ圏で銀行預金に対するベイルインを初めて実施したキプロスの事例をめぐり、ベイルイン制度により年金基金やその他の銀行に損失が生じれば、問題を単に移転する可能性があると指摘。影響の波及を回避するには「ある程度の柔軟性が求められる」とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧