ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
J.D. パワー  Ranking&Analysis

自動車ブランド人気ランキング!新車購入は「走り」も重視

永野紀彰[オートモーティブ部門シニアマネージャー]
【第19回】 2016年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2016年9月14日、J.D. パワーは、国内で2回目となる「2016年日本新車購入意向者調査(New Vehicle Intender Study:略称 NVIS)」を発表しました。今後1年以内に新車を購入予定の消費者の中では、最初から1つのブランドに絞って検討する人は少数派で、1人あたり平均2.5ブランドの車を検討していることがわかりました。

好きなブランドトップ3は日本車
輸入車はトップ10に4ブランドがランクイン

 車を選ぶ際に、もっとも重視したいポイントは何ですか?

走りを重視する人たちは、安全装備に関心を持っている割合が高い

 答えは人それぞれで、「走り」と答える人がいれば「見た目」と答える人もいるでしょう。経済性や車内の居住性などを重視する人もいます。

 特に最近はハイテク装備を搭載した車が増えているため、運転サポート機能などに注目する人も多いかもしれません。

 では、これから車を買う予定の人たちは、どんなブランドの、どんな点を重視しているのでしょうか。

 その点を調査しているのが、当社の「日本新車購入意向者調査(New Vehicle Intender Study:略称 NVIS)」です。

 調査は、今後1年以内に新車の購入を検討している日本国内の消費者1万人を対象にインターネットで実施しました。2016年の調査では、複数のブランドを検討中の人が55%、1人当たりでは平均2.5ブランドを検討していることがわかりました。

 車選びの出発点にもなる「好きなブランド」については、2015年の調査に続きトヨタが1位となり、トップ3はいずれも日本車勢。トップ10の顔ぶれは、多少の順位の入れ替えはあったものの、前回から大きな変化は見られませんでした。

 輸入車勢も4ブランドがトップ10に入り、安定して人気があります。ただ、実車の販売台数はそれほど多くありません。このことから、人気の背景には、輸入車への憧れや、いつか乗ってみたいといった気持ちがあると分析できます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


J.D. パワー Ranking&Analysis

20年以上に渡り、日本企業の顧客満足度の実態と変遷を見てきたJ.D.パワー。本国アメリカでは自動車業界をはじめとして顧客満足度調査が全米の注目を集め、その信頼度は群を抜いている。そんなJ.Dパワーの最新顧客満足度ランキングを同社アナリストの分析とともに紹介。日本の消費者が本当に知りたい商品、サービスの真実をお伝えする。

「J.D. パワー Ranking&Analysis」

⇒バックナンバー一覧