ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

弱めの個人消費、株安や天候不順が影響=黒田日銀総裁

2016年10月28日

[東京 28日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は28日の衆院財務金融委員会で、今年前半の弱めの個人消費について、株安や天候不順が影響したと述べた。ただ、雇用者所得の改善が続けば、先行きの個人消費は緩やかに増加していくとの見方を示した。宮本徹委員(共産)の質問に答えた。

総裁は個人消費の動向について「今年前半はやや弱めの動きとなっている」とし、要因について「年初来の株価下落による負の資産効果と、足元では台風など天候要因の影響があった」と語った。

もっとも、「雇用者所得は増えている」とし、「雇用・所得環境の着実な改善が続いていけば、消費は緩やかに増加していくのではないか」と述べた。

(伊藤純夫)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧