ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

ヘッジファンドが大幅買い越し
米量的緩和で商品相場が急騰

藤戸則弘
2011年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 FRB(米連邦準備制度理事会)の懸命な量的緩和政策(QE2)によって、バーナンキ議長が公言した「株高の資産効果による消費の拡大」は、部分的に実現しつつあるように思える。自動車販売は好調で、大型車が伸びている。

 クリスマス商戦も好スタートを切り、宝飾品のティファニー、高級バッグのコーチや、アパレルでもアバクロンビー&フィッチといった企業の売り上げは好調で、株価も堅調に推移している。米国では中堅層から富裕層の消費者マインドは、好転し始めているようだ。雇用は依然厳しいが、製造業は好調を持続しており、個人消費の浮揚が加われば、バーナンキ議長の思惑どおりの展開といえよう。

 しかし、QE2の弊害も鮮明化しつつある。その最たるものは、膨大な余剰マネーがコモディティ市場に流入している点だ。

 CFTC(米商品先物取引委員会)が発表しているヘッジファンドの先物ポジションを見ると、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物は過去最大の買い越し。金、銀、銅をはじめ、非鉄金属も高水準の買い越しが続いており、トウモロコシ、大豆等の穀物や、コーヒー、砂糖、綿に至る日常品まで、大量の買いポジションが形成されている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧