ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

鉱工業生産速報9月は下振れ、年内は3期連続増産計画も需要に不安

2016年10月31日

[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日発表した9月鉱工業生産指数速報は前月比横ばいとなり、予測をやや下回った。それでも7─9月期は前期比1.1%増となり、先行き予測も増勢を維持、10─12月期まで3四半期連続増産の公算が高まった。半導体製造装置などはん用・生産用機械や液晶など電子部品・デバイスの増産が計画されている。ただ経済産業省では需要下振れの可能性もあり、実勢は横ばい程度とみている。

9月の生産は、ロイターの事前予測調査前月比1.0%上昇を下回ったが、出荷は同1.1%増、在庫も同0.4%低下した。出荷増と在庫減の組み合わせで在庫調整が進んだため、それほど悪い内容ではない。

四半期でみると、7─9月期生産は前期比1.1%増、4─6月期は同0.2%増とほぼ横ばいだったが、今回ははっきりとした増産となった。前年比でも9期ぶりに増産となった。在庫水準も10期ぶりに減少に転じ、在庫調整局面から脱した。輸送用機械が2期連続の増産となったほか、情報通信機械や電子部品・デバイス、はん用・生産用機械なども寄与した。

先行きの生産予測指数は10月が前月比1.1%上昇、同2.1%の上昇となった。予測指数から試算すると10─12月期は前期比2.7%増。牽引役ははん用・生産用機械や電子部品・デバイス。輸送用機械は低い伸びながら底堅く増産計画を立てている。

ただ経済産業省では受注生産のはん用・生産用機械や電子部品などは、計画と実勢のズレが大きく足元も計画を下回っていることから、実際には10─12月の生産は全体で前期比0.1%減を中心とした横ばい圏にとどまると試算している。

民間調査機関からも「世界経済が陥っている低成長・低インフレ状態が早期に解消する可能性は乏しく、また国内でも賃上げ圧力が鈍いままであることから、牽引役不在という状況は今後も長引くため、年内の生産回復ペースは緩やかなまま」(農中総研・主席研究員・南武志氏)との見方がある。

*内容を追加します。

(中川泉)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧