ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

伊政府、17年予算案の赤字で欧州委に釈明 移民問題など列挙

2016年10月31日

[ローマ 28日 ロイター] - イタリア政府は欧州委員会宛ての書簡で2017年予算案について、ユーロ圏加盟国に義務づけられた規定に違反した理由として、移民問題や今年相次いだ地震の後の再建、予想を下回る経済成長率を挙げた。

EUの規定では、イタリアは景気循環調整後の構造的財政赤字の解消に向け、対国内総生産(GDP)比で赤字を毎年0.5%以上削減する必要がある。 

同国の17年予算案によると、構造的赤字は前年比0.4%ポイント増の1.6%となっている。EUの財務相らは7月に、0.6%ポイント削減してGDP比0.6%にするよう求めていた。

レンツィ首相は自らが推進する憲法改正の是非を問う国民投票を前に、財政の引き締めを回避したい考え。国民投票は12月4日に実施される。

パドアン経済・財務相は27日遅く公表された欧州委宛ての書簡で、「移民や難民が今年急増し、この傾向が2017年も続く明確なリスクがある」と説明した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧