ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本郵船、17年3月期連結最終損益を2450億円の赤字に修正  

2016年10月31日

[東京 31日 ロイター] - 日本郵船 <9101.T>は31日、2017年3月期の連結最終損益が150億円の赤字予想から大幅に悪化し、2450億円の赤字(前期は182億円の黒字)に修正すると発表した。最終赤字は5期ぶり。市況低迷の長期化により、保有する船などの減損損失を計上したため。

同社は、今月7日に減損損失1600億円など計1950億円の特別損失を計上すると発表していた。

経常損益は50億円の黒字予想から260億円の赤字予想(前期は600億円の黒字)へと下方修正した。経常赤字も12年3月期の332億円の赤字以来5期ぶり。

通期業績予想の下方修正は今期2度目となる。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト8人の経常損益予測の平均値は36億円の赤字となっている。

16年4―9月期の連結経常損益は170億円の赤字予想に対し236億円の赤字での着地となった。前期は427億円の黒字だった。

(清水律子)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧