ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、為替制度改革を引き続き進める=人民銀金融政策委員

2016年10月31日

[上海 31日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)金融政策委員会の樊綱委員は、ドルのファンダメンタルズや中国の経済情勢、他通貨の変動が人民元の価値に影響する主要な要素だと強調し、為替制度改革への意欲をあらためて示した。

証券時報に述べた。市場では最近の元安を受け、当局が相場変動を抑制するため介入志向を強めるのではないかとの見方が広がっている。

委員は、中国は固定相場制に後退すべきではないと主張。「中国は(改革へと)既に一歩踏み出した。そのまま前に進むべき」と述べた。

人民元相場<CNY=CFXS>は現在、中国人民銀行が設定する基準値(中間値)の上下2%のバンド内での変動が許容されている。中国政府は、市場に基づく為替相場の形成に向けて改革を進める構えを示している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧