ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

10月ユーロ圏CPI、前年比+0.5%に加速 成長率は横ばい

2016年10月31日

[ブリュッセル 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)統計局が31日に発表した10月のユーロ圏消費者物価指数(速報値)は、前年同月比0.5%上昇した。

9月の0.4%上昇、8月の0.2%上昇から加速した。エネルギー価格の下落率が鈍化したことが背景。

エネルギー価格は、10月が0.9%低下、9月が3.0%低下、8月が5.6%低下、7月が6.7%低下だった。

ただ、変動の激しい未加工食品とエネルギーを除くコア指数は、前年比0.7%上昇と、前月までの5カ月間の0.8%上昇から鈍化した。

第3・四半期のユーロ圏国内総生産(GDP)速報値は前年比プラス1.6%、前期比プラス0.3%となり、第2・四半期の実績やエコノミスト予想と一致した。

ユーロ圏ではこのところ指標の改善がみられるが、調査会社キャピタル・エコノミクスはECBが資産買入ペースを弱めるには不十分とし、「12月の会合でECBは現在のペースで6カ月延長を公表すると見込んでいる」との見方を示した。

IHSマークイットの首席欧州エコノミストも同様の見解を示したが、2017年3月以降の買い入れペースは縮小する可能性があると指摘した。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧