ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

英国とEUは高度な統合維持を、円滑な離脱要請=米財務長官

2016年10月31日

[ロンドン 31日 ロイター] - ルー米財務長官は、ロンドンで金融業界関係者と会談し、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)後も英国とEUは高度な統合を維持する必要があるとの認識を示した。

会合には、バークレイズ<BARC.L>、スタンダード・チャータード(スタンチャート)銀行<STAN.L>、ロンドン証券取引所<LSE.L>、シティグループ<C.N>、JPモルガン・チェース<JPM.N>などの幹部が出席した。

ルー長官の報道官は「長官は、透明かつ円滑で、協調的なプロセスを経て高度に統合された経済関係に導くことが欧州、米国、そして世界経済にとり利益との立場をあらためて表明した」と指摘。「米国は英国との特別な関係、そしてEUとは強固なパートナーシップを維持することに引き続きコミットしているとも述べた」とした。

また英国とEUが将来の経済関係を模索する中で、「米国は持続的な経済安定を担保するため、今後も英国とEUと共に取り組むことに注力していると強調した」としている。

米経済をめぐっては、ルー長官は「世界経済からの逆風に直面しながらも、成長は底堅さを保っている」と指摘。持続可能で力強い成長を確実にするため、各国に金融、財政、構造改革の政策を活用するよう要請した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧