ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

アングル:シンガポール企業の破綻増加か、銀行が借換え及び腰

2016年11月1日

[香港 31日 ロイター] - ロイターのデータによると、2017年末までに償還期限を迎えるシンガポール企業の社債は124億米ドル強に達する見通しだ。しかし銀行は資源セクターへの貸し出しに及び腰のため、今後は企業の経営破綻が一段と増加しそうだ。

シンガポール企業のバランスシートは既に逼迫(ひっぱく)している。ロイターが非金融企業228社の上半期決算を調べたところ、純債務のコア利益に対する比率がクレジットアナリストが懸念を抱く目安とされる5倍を超えている社が74社に達し、3分の1では純債務のコア利益に対する比率が10倍以上だった。

シュローダーズ・インベストメント・マネジメントの日本を除くアジア信用調査部門のヘッド、Raymond Chia氏は「シンガポール企業は2009年以降、経営破綻が起きない状態が続いていたが、昨年から今年にかけて破綻が相次いだ。コモディティ関連に限らず多くのセクターにとって、借り換えを巡る信頼が危機に直面していることを示す危ない兆候だ」と話す。

シンガポールでは資本市場が抱える構造的な問題から、企業が世界的な貿易の落ち込みや中国の成長鈍化の影響を受けやすい。

中央銀行が昨年発表した資料によると、シンガポールは2014年時点でシンガポールドル建て社債のへの投資の約半分をプライベートバンクが占めていた。

プライベートバンクの市場参入に伴って小規模な社債発行が増えており、アナリストによると、こうした案件は格付け会社の審査を受けておらず、富裕な個人投資家を対象にしているという。

ドイツ銀行のアジア信用調査部門のヘッドのハルシュ・アガルワル氏は「これらの起債のほとんどは格付けを受けておらず、格付け会社による審査から漏れている。その多くはプライシングが適正ではなく、高利回り債の部類に属するのに投資適格級のように扱われている」と話す。

足元ではこうした不適正なプライシングの修正が進んでいるが、その際に企業で大きなコストが発生している。

例えば不動産会社のオクスレー・ホールディングスは保有キャッシュを大幅に上回る短期債務を抱えているが、2019年償還債の利回りが前四半期中に220ベーシスポイント(bp)上昇して7.5%に跳ね上がった。

銀行は不良債権の引き当ての積み増しを迫られており、不動産やコモディティ、石油・ガスなど負債を抱える企業からは距離を置きつつある。シンガポールドル建て社債の発行残高は530億シンガポールドル(380億米ドル)だが、その大半をこうしたセクターが占める。

UBSウェルス・マネジメントのDevinda Paranathanthri氏は「銀行からの追加支援がなければ借り換えは難しいということが表面化し、来年にかけて企業の破綻が増えるだろう」と述べた。

(Umesh Desai記者)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧