ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

豪、南シナ海でインドネシアと合同パトロールを検討=豪外相

2016年11月1日

[シドニー 1日 ロイター] - オーストラリアのビショップ外相は1日、南シナ海でインドネシアと合同の海上パトロール実施を検討していると明らかにした。

合同パトロールは先週バリで開催された2国間協議で、インドネシアが提案した。同外相は「航行の自由の権利を行使する政策と一致」し、「国際法や同地域における平和と安定の支援と合致」していると、オーストラリア放送協会(ABC)ラジオで述べた。

米国の同盟国であるオーストラリアは、領有権が争われている南シナ海の島々の上空で偵察活動を行ったり、同海域で米軍が展開する「航行の自由」作戦を支持したりしたことで中国から批判を招いた。

南シナ海のほぼすべての領有権を主張する中国は先月、オーストラリアに「慎重な言動」を求めた。

オーストラリアとインドネシアはすでに、密輸や違法漁業取り締まりにおける連携の一環として、ティモール海で合同の海上パトロールを実施している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧