ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ソニーの中間営業益は44%減、半導体分野は赤字

2016年11月1日

[東京 1日 ロイター] - ソニー<6758.T>が1日発表した2016年4─9月期連結決算(米国会計基準)は、営業利益が前年比44.9%減の1019億円にとどまった。半導体分野の損益悪化に加え、電池事業譲渡に伴う328億円の減損計上が響いた。

半導体分野の営業損益は477億円の赤字だった。前年同期は668億円の黒字で、第1・四半期に計上したカメラモジュール関連の減損に加え、為替の影響やイメージセンサー在庫の評価損などが損失を拡大させた。

ただ、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)はスマートフォン向けイメージセンサーについて「足元の需要は中国メーカーを含め強い状況だ」と指摘。「来年に向けての引き合いも総じて強い」と先行きに自信を示した。

これに伴い、通期のイメージセンサーの売上高予想を前年比2.5%増の4900億円(従来4800億円)に上方修正。通期の半導体分野の営業赤字幅も640億円から530億円(前年は145億円の黒字)へと縮小させた。

全体の売上高は前年比10.8%減の3兆3021億円だった。

<スマホ販売苦戦>

足元ではスマホ販売が苦戦しおり、7─9月期の販売台数は前年比47%減の350万台に急減した。これを受け、通期の販売計画を1900万台から1700万台(前年2490万台)に下方修正した。

吉田副社長は「販売台数の大きい欧州で販売が不振だった。春に導入した製品ラインナップが市場のニーズに合致していなかった」と説明。モバイル・コミュニケーション分野の売上高予想も前年比30%減の7800億円(従来8400億円)に引き下げた。

ただ、営業利益予想は50億円(前年は614億円の赤字)で据え置いた。

来期については「今期の販売台数よりは来期は上を目指していく可能性が高い」と述べ、底打ちが近いとの見方を示した。

<電池減損で利益減>

同社は前日、電池事業の減損計上を受け、通期利益予想を下方修正した。営業利益予想は前年比8.2%減の2700億円(従来3000億円)に、当期利益予想は同59.4%減の600億円(同800億円)に、それぞれ引き下げた。

熊本地震の営業利益への影響額は、マイナス800億円からマイナス535億円に圧縮できる見通し。

下期の前提為替レートは、1ドル101円(従来103円)、1ユーロ113円(同114円)。

*内容を追加します。

(志田義寧 編集:吉瀬邦彦)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧