ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ギリシャ、改革進めば2017年に資本市場復帰も=ESM責任者

2016年11月1日

[ニコシア 1日 ロイター] - 欧州安定メカニズム(ESM)の責任者、クラウス・レグリング氏は1日、ギリシャが経済改革を継続するなら、来年にも資本市場へ復帰できる可能性があると示唆した。

レグリング氏はキプロスの首都ニコシアで開催された会議で「金融危機でギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペイン、キプロスの5カ国を支援し、このうち4カ国は成功している」と言明。「ギリシャも、改革を続ければ来年に市場への復帰を始められるだろう。ギリシャは改革の途中だ」と述べた。

ギリシャ当局者は以前、欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れプログラムの対象にギリシャ国債が入れば、1本か2本の小規模な国債発行の意図があることを示唆していた。市場のニーズがどの程度あるか確認し、同国の経済再建が進んでいることを投資家に示すためという。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧