ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独経済相、中国通商政策に懸念表明 商務相と会談

2016年11月2日

[北京 1日 ロイター] - 中国を訪問中のドイツのガブリエル経済相は中国の高虎城・商務相との会談後、記者団に対し、中国の通商政策に対する懸念について率直に語ったことを明らかにした。

ガブリエル経済相は約60人の財界関係者を伴って中国を訪問中。記者団に対し「ドイツ側も中国側も婉曲的なものの言い方はしなかった」とし、ドイツは中国による鉄鋼製品のダンピング(不当廉売)のほか、ドイツ企業の中国市場へのアクセス制限などに特に懸念を持っていると述べた。

ガブリエル経済相と高商務相は会談後、ドイツ・中国経済委員会でともに開会の挨拶を行う予定だったが、ガブリエル経済相は直前になって出席をキャンセル。高商務相との会談が長引いたことでその後に予定されていた李克強・首相との会談に遅れないようにするためと説明したが、中国側との軋轢が高まっているとの観測の火消しに追われた。

ドイツ政府は前週、中国の福建芯片投資基金(FGC)によるドイツの半導体装置メーカー、アイクストロン<AIXGn.DE>の買収の承認を拒否したほか、照明大手オスラム<OSRn.DE>の照明器具製造子会社レドバンスの中国企業グループによる買収についても精査している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧