ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル下落、対ユーロで3週間ぶり安値=NY市場

2016年11月2日

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが対ユーロで約3週間ぶりの安値に下落した。米連邦捜査局(FBI)が先週末に米大統領選の民主党候補クリントン氏のメール問題をめぐり捜査を再開すると発表し、米国の政治情勢の先行き不透明が強まったため。

ユーロ/ドル<EUR=>は0.8%高の1.1069ドルと10月12日以来の水準に上昇。ドル/円<JPY=>は約1%安の103.81円と8日ぶりの安値をつけた。

ドルは対スイスフラン<CHF=>でも1.5%安の0.9730フランと約1カ月ぶりの安値に沈んだ。

クリントン氏のメール問題が再浮上し、トレーダーは引き続き11月8日の米大統領選を警戒している。クリントン候補の優位は変わらないが、共和党のトランプ候補が勝てば米国の外交政策や通商協定、国内経済は先行きの不確実性が強まる。また米連邦準備理事会(FRB)も12月の利上げを見送る可能性がある。

ケンブリッジ・グローバル・ペイメンツのシニア外為トレーダー、スティーブン・ケーシー氏は「米大統領選をめぐる不透明感がドルの重しになったのは間違いない」と述べた。

アナリストによると、ドル強気派だったトレーダーが米大統領選を控えてドルを手放した。午後に入ると米国株安と歩調を合わせる形でドル売りが加速した。

メキシコペソ<MXN=>は対ドルで2.2%安の19.2700ペソと、10月7日以来、約3週間ぶりの安値をつけた。トランプ氏は移民の取り締まり強化や通商協定の見直しを掲げており、トランプ氏勝利の可能性はペソにとって主要なリスク要因とみなされている。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア・マーケットアナリスト、ジョー・マニンボ氏は「きょう、ドル/メキシコペソがアウトパフォームしていることから、市場が大統領選の結果について再考し、『トランプ大統領』誕生の可能性を排除していないことが浮き彫りになった」と述べた。

ドル/円 NY終値 104.12/104.19

始値 104.96

高値 104.99

安値 103.81

ユーロ/ドル NY終値 1.1053/1.1058

始値 1.0998

高値 1.1069

安値 1.0997

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧