ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

サイバー攻撃やスパイ活動で、ロシアの脅威高まる=英情報局長官

2016年11月2日

[ロンドン 1日 ロイター] - ロシアは、サイバー攻撃やスパイ行為を含むますます攻撃的な方法で対外政策を推進し、英国や欧州の他国にとって、ますます大きな脅威となっている。英情報局保安部(MI5)のパーカー長官が、1日付の英紙ガーディアンに掲載されたインタビューで語った。

パーカー長官は、ロシアは数十年にわたり密かな脅威だったが、冷戦時代と現在との違いは、反西側政策を推進するための手段がより多くあることだと述べた。

 「ロシアは、西側諸国への対抗と自身を定義し、それに従って行動しているようだ」と指摘。「すべての国家組織や権力を用いて、プロパガンダやスパイ活動、監視、サイバー攻撃など、ますます攻撃的な方法で対外政策を推し進めている。ロシアは、欧州や英国で現在も活動している」と述べた。

同長官によると、英国におけるロシアのスパイ活動のターゲットは、軍事機密や産業プロジェクト、経済情報、対外政策などが含まれているという。

一方、ロシアのペスコフ報道官は、パーカー氏の言葉は「現実と一致していない」と一蹴。「誰かが証拠を提示するまで、こうした声明は事実無根と考える」と、記者らに述べた。

また、ハモンド英財務相は、ロンドンで開かれた技術会議で、サイバーセキュリティーに関する新5カ年戦略を公表。サイバー攻撃に対する防御態勢を強化し、サービスや経済を保護する方針を示した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧