ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イラク軍部隊が初めてモスルに到達、奪還作戦から2週間

2016年11月2日

[モスル東部(イラク) 1日 ロイター] - 過激派組織「イスラム国(IS)」が実効支配するイラク北部モスルの奪還作戦を進めるイラク軍は1日、初めて同市に到達した。

奪還作戦は開始してから2週間で新たな局面を迎えた。約5万人のイラク政府軍とクルド人部隊ペシュメルガ、そしてシーア派民兵組織がモスルを包囲。米軍主導の有志連合による空爆も続いている。

ただ、市内には市民約150万人が依然として暮らしているとみられ、今後の戦闘は曲折も予想される。

モスルはISが実効支配する都市の中で最大規模で、イラク国内では最後の主要都市となる。モスルを失えば同組織のイラク戦略は、大きな足掛かりを失うこととなりそうだ。

イラクのアバディ首相は前日、国営テレビを通じて、同組織に対し「もはや逃げ道はない。降伏するか死ぬだけだ」と警告した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧