ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

新プリウスに賭けるトヨタ電動化戦略

ロイター
2016年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
11月1日、トヨタ自動車がリチウムイオン電池への慎重姿勢を転換、駆動用バッテリーへの本格採用に動き出している。今冬発売するプラグインハイブリッド車(PHV)の新型プリウスは従来より容量を倍増させた同電池を搭載する。写真はプリウスのロゴ、1日撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - トヨタ自動車がリチウムイオン電池への慎重姿勢を転換、駆動用バッテリーへの本格採用に動き出している。今冬発売するプラグインハイブリッド車(PHV)の新型プリウスは従来より容量を倍増させた同電池を搭載する。

 ハイブリッド車(HV)で世界の注目を集めたトヨタが、激化するエコカー市場での覇権を握れるか。新型プリウスPHVは同社の技術力を問う新たな試金石となる。

量販車への搭載

 トヨタは2009年からリチウムイオン電池をプリウスPHVのリース車で使い始めたが、安全性やコストなどへの懸念から量販車への採用には慎重だった。HVでは1997年の初代プリウス発売時からニッケル水素電池を採用。現在は仕様によってリチウムイオン電池を搭載するが、ニッケル水素電池も一部で使い続けている。

 リチウムイオン電池には軽量・小型で大容量というメリットがある一方、エネルギー密度が高く、使われている材料の発火性や過充電による発火などの危険がある。実際、13年には最新鋭旅客機ボーイング787のバッテリー発火事故や、三菱自動車のPHVの電池の一部が熱で溶ける事例もあった。最近もサムスン電子<005930.KS>の最新スマートフォンで発火事故が起き、リコール(回収・無償修理)だけでは収まらず、生産・販売打ち切りに追い込まれた。

 ただ自動車業界では、08年にテスラモーターズが大容量リチウムイオン電池を積んだ電気自動車(EV)の「ロードスター」を、10年には日産自動車がエコカーの本命とするEV「リーフ」を市販化している。世界各地で厳しくなる環境規制はHVでは対応できず、自動車メーカーに家庭で充電できるPHVやEVなどへの転換を迫っている。現在の電池技術ではPHV、EVにはリチウムイオン電池の使用は避けれない。

次のページ>> 「安全、安全、安全」
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧