ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

KKR、タカタ再建のスポンサー候補から外れる=関係筋

2016年11月2日

[東京 2日 ロイター] - 自動車部品メーカー、タカタ<7312.T>の再建スポンサー選びをめぐり、候補として入札に参加していた米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)<KKR.N>が、現時点での選定プロセスに加わっていないことが2日、分かった。関係筋が明らかにした。

相次ぐエアバッグ事故で経営悪化が懸念されるタカタは、弁護士などで構成する外部専門委員会を設置、再建策の取りまとめを急いでいる。KKRは、同委員会が経営支援スポンサー選定のために実施した9月中旬の1次入札に参加していた。

入札に加わったのは、KKRのほか、化学品メーカーのダイセルと米系ファンドのベイン・キャピタル連合、米自動車部品大手のキー・セイフティー・システムズ(KSS)と米投資ファンドのカーライル・グループ連合、スウェーデン部品メーカーのオートリブ、米部品メーカーのフレックス・エヌ・ゲート。

KKR以外の4陣営は今月、ニューヨークでタカタの取引先である自動車メーカー各社に対して支援策を説明。関係筋によると、この中ではオートリブが示した支援策への評価が最も高く、KKS連合が2位、ダイセル連合が3位の評価になったという。

タカタ側は11月半ばをめどにスポンサー候補を2─3陣営に絞る方針だ。

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧