ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国、香港基本法の解釈を協議 独立派の2議員めぐる混乱で

2016年11月4日

[4日 ロイター] - 香港政府は4日、独立派議員2人の就任宣誓をめぐる問題で、中国の全国人民代表大会(国会)の委員会が、香港の基本法の解釈について議論する意向だと明らかにした。

委員会は、議員らに「中華人民共和国香港特別行政区への忠誠を誓う」ことを求める条文について、協議するという。

最近選出された2人の独立派議員が先月の就任宣誓式で使用した言葉や垂れ幕が中国政府の名誉を傷つけたとして、宣誓が無効とされた。

香港政府は、2議員の宣誓やり直しを認めた立法会議長の決定を見直すよう、裁判所に司法判断を求めた。裁判所は現在、2人の議員資格について審議している。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧