ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルが対スイスフランで1カ月ぶり安値、米大統領選に備える動き

2016年11月5日

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 米大統領選の行方が不透明感を増す中、ニューヨーク外為市場は、ドルが安全資産とされるスイスフランに対し、約1カ月ぶり安値をつける場面があった。

10月の米雇用統計は、賃金が伸びるなど堅調な内容で、12月の米利上げ観測を下支えしたが、市場では大統領選に備えた動きが目立った。

ドルはスイスフラン<CHF=>に対して一時、0.9682フランの安値を記録。終盤の取引では0.45%安の0.9694フランと、安値近辺で推移した。

米雇用統計は、賃金が前年比で2.8%増と、2009年6月以来の大幅な伸びを示した。

堅調な統計内容を受け、ユーロ<EUR=>は対ドルで0.2%下落して1.1081ドルと、取引時間中の安値をつける場面もあった。その後、約3週間ぶり高値の1.1130ドルをつけ、直近でも0.2%高の1.1125ドルと高値近辺で推移した。

ロイター/イプソスが公表した米世論調査によると、大統領選は民主党候補ヒラリー・クリントン氏の支持率と、共和党候補ドナルド・トランプ氏との差が著しく縮まった。激戦州で互角の戦いとなっている。

市場では、クリントン氏は現状維持をもたらす候補、トランプ氏が勝利すれば、貿易や成長に対する世界的なリスク要因との見方が広がる。

メキシコペソ<MXN=>は対ドルで一時、1.2%高の1ドル=18.9348ペソを記録した。前日には約1カ月ぶり安値の19.5450ペソをつけていた。

市場関係者の1人は、投資家が大統領選の不透明感を背景に、前日のペソ売りを中和するため買い戻した公算が大きいと指摘した。

ドル指数<.DXY>は週間で1.4%安と、下落率が7月下旬以来の大きさとなる見通しだ。

ドルは対円<JPY=>でほぼ横ばいの103.02円。前日は1カ月ぶり安値となる102.54円をつけていた。

ドル/円 NY終値 103.12/103.16 <JPY21H=>

始値 102.96 <JPY=>

高値 103.28

安値 102.86

ユーロ/ドル NY終値 1.1135/1.1141 <EUR21H=>

始値 1.1095 <EUR=>

高値 1.1143

安値 1.1081

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧