ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

寄り付きの日経平均は反発、買い戻しで1万7000円回復

2016年11月7日

[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比220円67銭高の1万7126円03銭と大幅に反発して始まっている。米連邦捜査局(FBI)が大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の私用メール問題について訴追を求めないと報じられたことで、「トランプリスク」が後退した。

為替が円安方向に振れ、前週に売り込まれた主力大型株を中心に買い戻しが先行している。

寄り後に上げ幅は270円を超えた。自動車、証券、銀行が高く、海運、精密もしっかり。半面、水産・農林はさえない。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧