ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ギリシャ改革審査完了へ、12月の債務軽減協議開始は可能=首相

2016年11月7日

[アテネ 6日 ロイター] - ギリシャのチプラス首相は6日、欧州連合(EU)などから金融支援を受ける条件として必要な労働市場改革などに関する第2次審査を12月5日のユーロ圏財務相会合までに完了させ、そこでの承認をもって債務軽減協議を12月中に始めることは可能との見方を示した。

首相は4日に行った内閣改造後の新たな閣僚らに対し、改革審査の早期完了に向けて尽力するよう指示した。

チプラス政権にとって債務再編は最大の目標。政権は国際債権団と債務軽減に向けた協議に入ることで、数年におよぶ緊縮財政策の成果を国民に認めさせ、低迷する支持率を押し上げたい考えだ。

首相は、ギリシャの債務軽減協議が12月に始まる場合、欧州中央銀行(ECB)が進める資産買い入れプログラムの対象に2017年第1・四半期中にギリシャ国債が組み込まれる可能性があるとの見方を示した。また、その後は2018年に現在の金融支援プログラムが期限切れとなるまでに債券市場へのアクセスを回復できる、とした。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧