ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

イタリア首相、与党内の改憲反対は「レンツィ降ろし」目的と批判

2016年11月7日

[ミラノ 6日 ロイター] - イタリアのレンツィ首相は憲法改正に反対している与党民主党議員に対し、首相を交代させるために国民投票を利用しようとしていると批判した。

レンツィ氏はフィレンツェで行われた支持者の会合で、ダレマ元首相ら党内の反対勢力は個人的な利益のために国の発展を妨げようとしていると非難した。その上で12月4日の国民投票で憲法改正が否決されれば、政局は泥沼に陥ると警告した。

反対勢力は改憲の利点には関心がなく、同氏を首相の座から引きずり降ろそうとしているだけとし、「ダレマ氏は自分ならもっと良い改革ができたと主張しているが、ではなぜそうしなかったのか」と指摘した。

憲法改正案には上院の権限縮小などが含まれている。ただ、政治の安定を目指して導入した新選挙法により「五つ星運動」が下院で多数派となれば、欧州連合(EU)離脱に向けた国民投票に踏み切る可能性があるとして、上院の権限縮小には慎重な意見が出ている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧