ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

OPEC、加盟国は減産合意の実現に向け取り組む=事務局長

2016年11月7日

[アブダビ 7日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)のバルキンド事務局長は7日、9月にアルジェリアで暫定合意した減産に向け、OPECは取り組みを進めると述べた。

 「OPECの14加盟国は、アルジェリア合意の実現に向けて、引き続き力を注いでいく」と、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国で開催中のアブダビ国際石油展示会・会議 (ADIPEC)で、記者団に語った。

同事務局長は、「価格目標はない。神の思し召しがあれば、アルジェ合意の実行とOPEC非加盟国の協力により、2017年にリバランスが起こるだろう」と述べた。

OPECは先月、オーストリアのウィーンでハイレベルの専門家会合を開き、原油価格下支えに向けた生産調整について議論したが、具体的な結論は出ず、11月30日のOPEC総会前に再び加盟・非加盟国の会合を開くことで合意した。

非加盟国が減産や生産凍結に参加することを期待するかとの質問に対し、同事務局長は「詳細を公表するつもりはないが、ロシアは参加する」と述べた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧