ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国外貨準備、10月は9カ月ぶりの大幅な減少 2011年3月以来の水準

2016年11月7日

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、10月末時点の外貨準備高は3兆1210億ドルで、エコノミスト予想の3兆1400億ドルを下回り、2011年3月以来の水準に減少した。

9月末の水準から457億ドル減少、1月以来の大幅な落ち込みとなった。9月は190億ドルの減少だった。これで4カ月連続の減少となり、減少幅は過去3カ月をあわせたよりも大きかった。

金準備高は753億4800万ドルで、前月の781億6900万ドルから減少した。

人民元が6年ぶり水準に下落するなか、人民銀行(中央銀行)は元買い/ドル売り介入を行ったとみられている。

調査会社キャピタル・エコノミクスは「今年最大の減少だが、為替介入の増加よりもバリュエーションが影響した。資本逃避は依然としてかなりあるものの、先月はおそらく鈍化した」との見方を示した。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧