ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米国初の女性大統領か、ヒラリー・クリントン氏の横顔

ロイター
2016年11月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
11月6日、ファーストレディ、上院議員、そして国務長官──。民主党のヒラリー・クリントン候補の経歴は、これまで米大統領の座を目指した候補者のなかでも随一と言える。写真は4日、ピッツバーグの集会で演説するクリントン氏(2016年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 6日 ロイター] - ファーストレディ、上院議員、そして国務長官──。ヒラリー・クリントン氏の経歴は、これまで米大統領の座を目指した候補者のなかでも随一と言える。ただその一方、評価の分かれる人物でもあり、政府関係者として、数十年に及ぶ政治的なしがらみを引きずっている。

 8日に迫った米大統領選挙で民主党のヒラリー候補(69)が共和党のドナルド・トランプ候補(70)を破れば、同国初の女性大統領の誕生となる。彼女はすでに、選挙を経て公職に就いた唯一のファーストレディであり、米主要政党から大統領候補として指名された最初の女性でもある。

 ヒラリー氏が大統領選に名乗りを上げたのは2008年が最初だが、バラク・オバマ氏に敗れ、民主党の指名を得られなかった。

 彼女の政界活動時期は、激しい党派対立が見られ、米国社会でも亀裂が広がった時代と重なる。ヒラリー氏に関する米国民の見解は劇的なまでに多岐にわたっている。

 同氏の崇拝者は、彼女をタフで有能な、そして時には刺激的な指導者であり、彼女を蹴落とそうとする政敵の容赦ない攻撃に耐えてきたと考えている。しかし彼女を悪く言う人々は、無節操で権力欲の強い日和見主義者だと見ている。

 2016年の大統領選に出馬したヒラリー氏は民主党の本命候補とみなされていたが、主流派であり、数十年にわたり政界に関与してきた筋金入りのインサイダーだった。しかし昨今では、有権者はどうやらアウトサイダーに魅了されているようなのだ。

 ヒラリー氏は、自ら社会民主主義者を名乗るバーニー・サンダース上院議員による予想外に手強い挑戦を苦労して退け、7月に民主党の候補指名を獲得した。

 ヒラリー氏は数十年に渡り、党内の保守派、そして共和党の政敵たちと戦い続け、夫ビル・クリントン氏の不倫問題、彼を大統領職から追い落とそうとする共和党の攻撃、過去のビジネス取引や国務長官時代の私用メールサーバー利用問題に関する捜査といった論争を切り抜けてきた。ビル・クリントン氏が大統領在職時の1998年に「右翼の大掛かりな陰謀」に異議を申し立てたのは有名である。

 民主党員の多くは、国内外での女性の地位向上、社会正義、医療保険拡大の先頭に立つヒラリー氏を支持しているが、世論調査を見ると、米国の有権者の過半数は彼女を信頼していないようだ。

 ヒラリー氏は競合候補であるトランプ氏に関して、自分の大統領選出馬は、この不動産開発業者がアメリカ民主主義に突きつけた類を見ない脅威に対する防壁である、と表現している。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧