ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独鉱工業生産指数、9月は前月比1.8%低下 2年ぶり急低下

2016年11月8日

[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ経済省が8日発表した9月の独鉱工業生産指数は前月比1.8%低下した。低下率はロイターがまとめた市場予想の0.5%より大きく、2014年8月以来2年以上ぶりの急低下となった。

第3・四半期は前期比0.3%上昇となった。建設業が0.9%上昇したという。

8月分は3.0%上昇に上方修正された。

バンクハウス・ランペのアナリスト、アレクサンダー・クルーガー氏は、9月の鉱工業生産指数が軟調となった理由について、8月に大きく上昇したことが一因だと指摘した。

これとは別に、ドイツ連邦統計局がこの日発表した9月の貿易統計は、輸出が季節調整済みで前月比0.7%減、輸入が同0.5%減となった。貿易収支は213億ユーロ(236億ドル)の黒字で、黒字幅は8月改定値の216億ユーロから縮小し、コンセンサス予想の230億ユーロも下回った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧