ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ陣営、ネバダ州期日前投票で異議 地裁は棄却

2016年11月9日

[8日 ロイター] - 米共和党のドナルド・トランプ大統領候補が米西部ネバダ州ラスベガスでの期日前投票について、選挙管理人が規定の投票時間を延長して有権者に投票させたとして投票記録の保管命令を求めて起こした訴訟で、同州の地区連邦地裁は8日、これを棄却した。

ネバダは激戦州の一つで、期日前投票を認めている州の一つでもある。また、ラスベガスは民主党候補ヒラリー・クリントン氏の支持基盤だとみなされている。

ネバダ州の法律では期日前投票は午後8時までとなっているが、その時点で列に並んでいる有権者も投票を認められている。

トランプ陣営はラテンアメリカ系のスーパーで先週行われた期日前投票について、管理人らが有権者に午後8時を過ぎた後も列に並ぶことを許可し、州法に違反したと主張。管理人らに対し、投票に関するさまざまな記録を保管し、問題となっている自動投票機の投票記録を分ける命令を出すよう裁判所に求めていた。

地裁の判事は、特定の有権者がどちらの候補者を選んだか明らかにすることになる命令を出すことはできないとした。選挙の運営側は8日の審理の際に、投票記録はすでに保管していると主張していた。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧