ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

破天荒な言動で物議醸す、実業家トランプ氏の横顔

ロイター
2016年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
11月6日、自らを世界でも有数のビジネスマンに仕立て上げた大言壮語、誇大表現、メディア操縦術に拍車をかけることで、ドナルド・トランプ氏(写真)は、17ヵ月に及ぶ大統領選を通じて、米国における民主主義の伝統をひっくり返した。7日、フロリダの政治集会で自身のマスクを眺めるトランプ氏(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 6日 ロイター] - 自らを世界でも有数のビジネスマンに仕立て上げた大言壮語、誇大表現、メディア操縦術に拍車をかけることで、ドナルド・トランプ氏は17ヵ月に及ぶ大統領選を通じて、米国における民主主義の伝統をひっくり返した。

 エスカレーターが延びる壮麗なトランプ・タワーの入口から、共和党の大統領候補指名争いに打って出たのは2015年6月16日だ。トランプ氏は、カリスマ的で戦闘的、エリート主義と大衆主義、猥雑さと信心深さという二つの面をそれぞれ同時に使い分け、米有権者にみられる両極化と反ワシントン感情という鉱脈を探っていった。

 民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)を相手に戦う8日の大統領選挙において、70歳のトランプ氏は初めて公職の座を狙う。同氏はこれを「選挙」ではなく「運動」と称している。

 集会には熱狂的な群衆が集まり、「誰もが思っていることを言うだけ」のトランプ候補に喝采する。懐疑的な人々は、同氏のことを女性蔑視、無知、粗野で大統領不適格、人種差別主義者で偽善者、デマゴーグで性犯罪者とのレッテルを貼っているが、トランプ氏自身はこうした非難をすべて否定している。

 トランプ氏は10ヵ月余りで16人のライバルを退け、主要政党としては1950年代のアイゼンハワー大統領以来となる、政治経験をまったく持たない大統領候補となった。予備選では過去最高の得票数を記録したが、その過程で党内に亀裂を生み出した。

 そして、クリントン氏との対決に臨んでいる。そこでは、陣営スタッフの混乱、女性へのわいせつ行為の告発、そして「クリントン候補とメディアが結託して不正選挙を行っている」という、誰も賛同しない主張を行うなど、物議を醸してばかりの選挙戦となった。

 今回の選挙戦で負けた場合、その結果を受け入れないかもしれないとトランプ氏が示唆したことは、平和的な政権移行という米国の伝統を否定するものとして、多くの人に衝撃を与えた。トランプ氏は、大統領になったら、国務長官在職時のクリントン氏による私的メール問題について捜査を行うと述べ、彼女を刑務所に送り込むと誓っている。

 トランプ氏の選挙運動は10月、スキャンダルの様相を呈した。2005年、トランプ氏が、撮影されているとは気づかずに、テレビの娯楽番組記者に対して、自分は相手の同意なく女性にキスするのが好きで、金持ちで有名人だから、相手の性器に触れても相手は一切抗議しないと発言するビデオが公開されたのだ。

 トランプ氏はこの発言を「単にロッカールームでの会話の様なもの」と一蹴したものの、その後に10人以上の女性が、トランプ氏から身体に触れられた、あるいは性的な言葉で口説かれたと告発。これらについても否認している。

次のページ>> 米国を覆う憂鬱
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ロイター発 World&Business

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 World&Business」

⇒バックナンバー一覧