ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

給水システムから発想し経路検索
“移動”情報が集まるポータルを目指す
ジョルダン社長 佐藤俊和

週刊ダイヤモンド編集部
【第136回】 2011年1月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
ジョルダン社長 佐藤俊和
Photo by Masato Kato

 学生運動が終わりかけていた1970年代、東京大学の学生だった佐藤俊和が通い詰めた、ある場所がある。東京大学計算機センター。コンピュータの“始祖”ともいえる大型計算機が鎮座する建物だ。

 佐藤の専攻は化学で、「実験室に行かずにすむ口実づくり」が目的だった。研究テーマである粉体工学の実験を、コンピュータでシミュレーションするプログラムを開発することにして、計算機センターに入り浸った。

 そのうち佐藤は、コンピュータにほれ込んでいく。完璧なプログラムづくりを目指して、開発に没頭した。

 同級生が大手化学メーカーに就職するなか、友人の誘いでコンピュータ開発のベンチャー企業、エス・ジーに入社したのは、自然な流れだった。同社は70年代初頭に、OS(オペレーティングシステム)を搭載したオフィスコンピュータを国内でいち早く開発した、気鋭の有望ベンチャー企業だった。

わずか入社3ヵ月で給料が遅配に
食うために仲間と独立

 ところが、エス・ジーの製品はまったく売れず、佐藤は入社から、わずか3ヵ月で給料遅配の憂き目に遭う。仕方なく外部からソフトウエアの開発を受託して食いつないだが、仲間が金銭的な理由で次々に退職していくのを目の当たりにする。

 佐藤は30歳を節目に、人生をリセットすることを決意。79年に「ジョルダン情報サービス」を立ち上げる。会社でリーダー的な立場だった佐藤に、有志数人がついてきた。

 ただ、会社のかたちを取ってはいたが、同じ看板の下で緩やかに共同営業する“フリーランスのソフト開発者集団”に近い組織でスタートした。貧乏が身に染みたこともあり「仕事がなければ役員は給与なし」を厳命し、受託開発を取りまくった。

 事業は順調だった。80年代に大ヒットしたアーケード・アクションゲーム「クレイジー・クライマー」や、79年に発売され日本のパソコンの先駆けとなった「NEC・PC‐8000シリーズ」向け英語学習ソフトなどを受託した。しかし、どれほど先端的な開発をしても社名は表に出ない。会社の看板で仕事をしたい思いが強まった。

 創業から10年たった89年、転機が訪れた。受託主体から自社ブランドでの開発製品の拡大へと、大きく舵を切ったのである。

 社名を「ジョルダン」に変える一方、社内体制を大きく改革した。それまでは渉外、総務経理、開発など、業務を全員で緩く分担していたが、責任範囲を明確にした。佐藤自身も、「仲間内での一応の責任者」から、渉外や新規事業などに責任を持つ「経営者」として意識を切り替えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧