ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米議会選、上院は東部州で大接戦 民主党の過半数奪還なるか

2016年11月9日

[ワシントン 8日 ロイター] - 米大統領選と合わせて8日に行われた米連邦議会議員選挙の投票が東部州で順次締め切られた。上院選(定数100)では過半数維持を目指す共和党が事前予想よりも健闘しており、複数の州で民主党と大接戦となっている。

政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」の集計によると、ノースカロライナでは共和党現職リチャード・バー氏の民主党候補に対するリードはわずか2%ポイントとなっている。

ミズーリ、ニューハンプシャー、ペンシルベニア、ネバダ、インディアナの各州でも互角の接戦が繰り広げられている。

大手テレビ局によると、オハイオでは、共和党のドナルド・トランプ大統領候補と一緒の遊説を拒んだ共和党のロブ・ポートマン議員が再選を果たしたとみられる。また、ケンタッキー、サウスカロライナの各州でも共和党の現職議員が再選し、バーモントでは民主党議員が再選したもようと伝えた。

共和党は現有議席では上下両院で多数を占めている。

民主党が上院で過半数を奪還するには5議席増やす必要がある。現有勢力は共和党が54に対して、民主党が44で、民主党寄りの独立系議員が2人いる。

一部のアナリストは、上院が民主党と共和党で50ずつとなる結果を予想している。そうなった場合は次期副大統領が議長決裁権を持つことになる。

下院選では共和党が議席数を減らす可能性があるが、過半数を維持するとみられている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧