ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

インドが高額紙幣を回収へ、汚職・偽造の防止が狙い

2016年11月9日

[ニューデリー 8日 ロイター] - インドのモディ首相は8日、500ルピー札と1000ルピー札の高額紙幣を市場から回収すると発表した。汚職や紙幣偽造の蔓延を防ぐのが狙い。

闇経済にとどまっている現金を表の経済に移動させる。また偽造500ルピー札を資金源にしているとみられる反政府武装勢力にとっても、高額紙幣の回収は打撃となる。

モディ首相は閣議後の会見で「偽造紙幣と汚職は貧困撲滅にとって最大の障害だ」と述べた。

財務省は新たな500ルピー紙幣と2000ルピー紙幣を10日に発行すると発表した。旧紙幣は11月10日から12月30日にかけて回収する。全てのATM(現金自動預払機)は9日と10日は稼働を停止する。

インド経済の約40%担う中小企業は現金決済に依存しており、エコノミストからは高額紙幣回収が中小企業の営業に支障を来し、経済成長にもマイナスの影響が波及するのではないかと懸念する声も聞かれる。

また当局者の間では、期限切れ紙幣の新紙幣との交換作業を巡って懸念が広がっている。ムンバイの銀行のATMにはこの日、高額紙幣を預金しようと十数人が列を作ったが、わずか2人が預金しただけで、ATMが受け入れ限度額に達して預金ができなくなった。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧