ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドルは102円後半、重要州でのトランプ氏優勢で1カ月ぶり安値

2016年11月9日

[東京 9日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ大幅なドル安/円高の102.95/97円。一時102.04円まで急落し、10月4日以来1カ月ぶり安値を付けた。午前の高値は105.48円だった。

米大統領選の開票が各地で進む中、重要州と見なされていたフロリダ、ミシガン、オハイオ、ノースカロライナ州でトランプ候補が優勢と伝わったことで、クリントン候補勝利を見込んでドルロングを積み増していた短期筋を中心に、ロングの投げが加速した。短期筋の間では新たにドルショートを持つ動きもみられるという。

米国債市場では、米10年国債利回り<US10YT=RR>は1.8960%(ビッドサイド)付近から1.7460%(同)まで急落し、10月26日以来の低水準となった。

大統領選をめぐる不透明感から、資金を安全資産に移す動きが活発化したため。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧