ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ISがモスル近郊で200人以上誘拐、市民数千人を連行=国連機関

2016年11月9日

[ジュネーブ 8日 ロイター] - 国連人権高等弁務官事務所の報道官は8日、過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員らがイラク治安部隊の元メンバー295人をイラク北部モスル近郊で拉致したほか、モスル南東郊外のハマムアリルから撤退する際に1500の家族に同行するよう強要したと発表した。スイスのジュネーブで会見した。

米主導による空爆の支援を受けたイラク政府軍やクルド人部隊、イスラム教シーア派部隊は、ISが支配するモスルの奪還作戦を実行している。

 「強制的に移動や拉致された人々は、人間の盾として使われるか、もしくは殺されたようだ」と、同報道官は述べた。

3日夜、元イラク治安部隊の約100人がモスル西方約20キロのマワリ村から連れ去られたほか、1─4日にタルアファル地区の村から195人が拉致された。

同報道官は、拉致された人々はモスルの空港に連れて行かれたようだが、「彼らの運命は今のところ分からない」と述べた。

また、少なくとも30人のアラブの族長が2─3日に北部シンジャールで拉致された。このうち18人が4日にタルアファルで殺害されたとの報告を確認中だという。

*見出しを修正して再送します

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧