ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

政府・日銀、米大統領選めぐり対応協議 浅川財務官「投機続けば対処」

2016年11月9日

[東京 9日 ロイター] - 政府、日銀は9日、米大統領選の行方をにらんだ金融市場の乱高下を受け、今後の対応策を協議した。安倍晋三首相が大統領選に先立ち、市場の動向を注視するよう浅川雅嗣財務官に指示したことを踏まえた対応。会合後、浅川財務官は投機的な動きが続けば必要な対応をとる考えを示した。

国際金融資本市場の動向に関する協議は10月21日以来、約2週間ぶり。

浅川財務官は会合後、記者団に対し「市場の動きは非常に荒い。ロンドンやNY市場の動きを注視したい」としたうえで「投機的な動きが続けば、必要な措置をとる」と語った。

為替介入に踏み切るかどうかについては「ノーコメント」としたが、過度な変動には為替介入も含むあらゆる選択肢を排除せず、対処する考えをあらためて強調した。

会合には浅川財務官に加え、同省の太田充総括審議官、日銀の雨宮正佳理事、金融庁の森信親長官、氷見野良三金融国際審議官が出席した。財務省内で午後3時から始まった協議は35分程度で終えた。

*内容を追加します。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧