ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

独10年債利回り2週間ぶり低水準、トランプ氏勝利との見方強まる

2016年11月9日

[ロンドン 9日 ロイター] - 9日序盤の欧州金融市場で安全資産とされるドイツ連邦債が買われ、10年物国債利回りが2週間ぶりの低水準となった。米大統領選で共和党のトランプ候補が勝利するとの見方が強まっていることが背景にある。

10年債利回り<DE10YT=TWEB>は7bp(ベーシスポイント)低下し0.10%。

トランプ候補は勝敗の鍵を握る接戦州を相次いで制し、各国の金融市場は大荒れとなっている。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧