ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏優勢で大幅な株安・円高、財務官は「注視」=東京市場

2016年11月9日

[東京 9日 ロイター] - 9日の東京市場は、米大統領選で共和党のトランプ候補が事前の予想を覆してリードし、リスクオフ心理の台頭を背景に大幅な株安・円高が進んだ。日経平均<.N225>は一時、前日比1000円を超す下落となり、ドル/円<JPY=EBS>はいったん101円前半まで下落した。

市場では、この後に取引される欧州や米国市場で一段の株安・ドル安が進むのかどうか注目している。

米大統領選をめぐる事前の世論調査では、民主党のクリントン候補がトランプ候補を抑えて当選する可能性が高いとの結果が大勢を占めていた。このため9日の東京市場でも、朝方はリスクオン心理が優勢で、ドル/円は105円前半、日経平均は一時、前日比200円を超える上昇となった。

しかし、午前の取引中盤以降、トランプ候補が予想を覆し、多くの激戦州で優位に立っていることが判明すると、株安・円高の動きが先行した。特に大票田のフロリダ州でトランプ氏が逆転し、オハイオ州など他の激戦州でもリードしていることが判明すると、株価の下げ足が加速。午後の取引序盤で一時、前日比1000円を超す下落となった。

ドル/円は午前の取引序盤で一時、105.48円まで上昇した。しかし、開票が進むにつれ、ドル売りが鮮明になり、101.68円まで急落。いったん持ち直して102円台に戻したものの、午後2時過ぎに101.19円まで売り込まれた。

こうした展開の中で、財務省の浅川雅嗣財務官が「動きがなかなか激しい。緊張感を持って見て行く」と発言。市場への対応は、麻生太郎財務相と相談すると述べ、ドル買い/円売り介入への警戒感も出て、102円前半に水準を戻して取引されている。

円債市場でもリスクオフの高まりを背景に国債先物が続伸し、中心限月12月限<2JGBZ6>は一時、10月7日以来の152円台に上昇。30年国債<JP30YTN=JBTC>はいったん0.465%と10月4日以来の水準に低下した。

(田巻一彦)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧