橘玲の世界投資見聞録 2016年11月10日

16世紀に新大陸で虐殺を行なったスペインが、
当時もっとも「啓蒙的、人道的」だった
[橘玲の世界投資見聞録]

 クスコはアンデス山脈の高地、標高3399メートルのところにつくられたインカ帝国の首都だ。このような不便なところに巨大な都市を建設したのはインカのひとびとが「旧大陸」とは異なる文化や信仰、価値観を持っていたからではなく、巨大なアンデス山脈によって分断された南米大陸ではそれがもっとも合理的な選択であったことは前回述べた。

[参考記事]
●今も「歴史問題」となっている征服者ピサロとインカ帝国の末路

 クスコにはインカの高度な石造建築技術によって王宮や神殿など多くの建物がつくられたが、スペイン人の「コンキスタドール(征服者)」はそれを徹底的に破壊し、金銀財宝を略奪すると、その石を再利用してカトリックの教会を建てた。彼らにとって「新大陸」への侵略は、イベリア半島をムスリムの手から取り戻したレコンキスタ(国土回復運動)の延長だった。スペイン国王はローマ教皇から、現地の「野蛮人」にキリストの恩寵をもたらすという「大義」を理由に新大陸の領有権を認められていたのだ。

 アフガニスタンのバーミヤン渓谷にある仏教石窟群は、2001年、原理主義的なイスラーム組織ターリバーンによって「偶像崇拝禁止の教えに反している」として無残に爆破・破壊された。その500年前のクスコでは、宗教(この場合はカトリック)の名の下にバーミヤンの数百倍、数千倍の規模の「文明の破壊」が行なわれた。人間のやることなどたいして変わらないともいえるし、ターリバーンの蛮行に(イスラームの指導者を含む)世界じゅうの非難が集まったことを見れば、5世紀のあいだにひとびとの価値観が多少はまともになった、ということでもあるのだろう。

クスコの中心アルマス広場とカテドラル         (Photo:©Alt Invest Com)

 

「キリスト教徒が天国にいるのなら、いっそ地獄に落ちたい」

 バルトロメ・デ・ラス・カサスは16世紀スペインのカトリック司祭で、「新大陸」に渡ったのち、インディオ(原住民)に対するスペイン人の蛮行を告発したことで知られている。もっとも有名な著作『インディアスの破壊についての簡潔な報告』は16世紀後半からヨーロッパ各国でベストセラーになり、いまも「大航海時代」の実態を知る第一級資料だ(邦訳は岩波文庫に収録)。

 これまでも何度かラス・カサスの『報告』から引用したが、たとえば「キューバ島について」の項には、以下のような記述がある。

 

 スペイン人の来襲を知った有力なカーシケ(首長)であるアトゥエイは、部下たちを集めてこういった。

「(スペイン人が生まれつき残酷で邪悪な連中だというだけでは)あんなひどいことはするまい。連中には、一つの神がいて、連中はそれを心から崇め、こよなく愛している。その神を私たちから奪い去り、崇め奉るために、私たちを言いなりにさせようと必死になり、その挙句、生命(いのち)を奪うのだ」

 アトゥエイは、そばにあった金製の装身具がつまった籠を手にとって話をつづけた。

「これがキリスト教徒たちの神だ。異存がなければ、この神のためにアトレイ(舞いと踊り)を演じようではないか。そうすればこの神は大喜びして、私たちに悪事を働かないよう、キリスト教徒に命じてくださるだろう」

 インディオたちは口々に「そうしましょう」と叫び、その籠の前でへとへとになるまで踊りつづけた。そんな彼らにアトゥエイは語りかけた。

「キリスト教徒が崇めるこの神の正体が何であれ、こんなものを後生大事に持っていたら、連中は奪おうとして、最後には私たちを手にかけるに違いない。だから、籠をその川に捨ててしまおう」

 ひとびとはこれにも賛成し、近くを流れる川に金の装身具をみな捨ててしまった。だがスペイン人の「神」に必死に祈ったにもかかわらず、アトウェイは捕まって、生きたまま火あぶりにされることになった。

 処刑の場に居合わせたフランシスコ会の修道士は、木に縛りつけられたアトゥエイに神と信仰に関する話をしたあと、「もし私の話を信じるなら、栄光に満ち溢れ、永遠の安らぎが得られる天国に召されるが、信じなければ、地獄に落ち、未来永劫に罰を受け、苦しむことになる」と告げた。

 アトゥエイはしばらく考えてから、「キリスト教徒も天国に行くのですか」と訊いた。

 聖職者は頷いてこたえた。「ええ、善良なキリスト教徒であれば」

 するとアトゥエイは、こういった。

「天国などには行きたくない。いっそのこと地獄に落ちたい。キリスト教徒がいるようなところへ行きたくないし、二度とあんな残酷な連中の顔を見たくもない」

 

 この印象的な逸話を紹介したあと、ラス・カサスはこう書いている。


「実際のところ、インディアス(新大陸)へ渡ったキリスト教徒の所業によって、神とわれらの信仰が手に入れた名声と名誉とは、以上のようなものであった」

クスコの細い路地には「カミソリの刃すら通さない」といわれたインカの石組みが残っている                         (Photo:©Alt Invest Com)

 


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

橘玲の書籍&メルマガのご紹介
世の中(世界)はどんな仕組みで動いているのだろう。そのなかで私たちは、どのように自分や家族の人生を設計(デザイン)していけばいいのだろうか。
経済、社会から国際問題、自己啓発まで、様々な視点から「いまをいかに生きるか」を考えていきます。質問も随時受け付けます。
「世の中の仕組みと人生のデザイン」 詳しくは
こちら!
橘 玲の『世の中の仕組みと人生のデザイン』 『橘玲の中国私論』好評発売中!

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。