ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

米新政権の具体的政策を注意深く見守る必要=蓮舫・民進党代表

2016年11月9日

[東京 9日 ロイター] - 民進党の蓮舫代表は9日、米大統領選挙で共和党のトランプ氏が次期大統領に決まったことを受け、「同氏の当選に祝意を表したい」としつつ「新政権の具体的政策を注意深く見守る必要がある」とする談話を発表した。

談話では、女性の尊厳を守り、マイノリティの権利を守る多様性が米国の強さの根源であると指摘、「同氏の過去の言動とは異なる寛容な行動を期待したい」とした。

同代表は談話発表後、国会内で記者団に対し、同氏勝利の要因について「グローバリズムの行き過ぎがもたらした格差に対し、壊してもらいたいという強い期待があるのではないか」と語った。

一方、環太平洋連携協定(TPP)については、トランプ氏が繰り返し否定的な発言を行っているとして、米国の動向を注意する必要があり、日本は「現状での採決の必要性は全くない」とした。

(宮崎亜巳)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧