ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏勝利でも日米関係は外交政策の核心的利益=米国務省

2016年11月10日

[ワシントン 9日 ロイター] - 米国務省のマーク・トナー報道官は9日、大統領選では共和党のトランプ氏が勝利したが、日米関係は外交政策の核心的利益であると述べ、両国の強固な関係を再確認した。

トランプ氏の当選が日米関係にどのような影響を及ぼし得るかとの質問に、「両国関係は外交政策の核心的利益であるということを日本国民にあらためて申し上げたい。両国関係は政権が変わろうともわが国の礎(いしずえ)であり続ける」と語った。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧