ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ドル幅広く買われる、トランプ氏勝利で米債利回り上昇=NY市場

2016年11月10日

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが幅広い通貨に対し上昇した。対円では一時約4カ月ぶりの水準まで上げた。共和党のドナルド・トランプ氏が大統領選で勝利したことを受け、米国債の利回りが上昇したのが背景。

トランプ氏が保護主義的な貿易政策を実行すれば、米国での賃金上昇につながり、物価を押し上げるとの見方から、物価上昇が悪材料となる債券が売られ利回りが上昇した。米10年債と30年債の利回りは一時、10カ月ぶりの高水準となった。金利上昇は、ドル建て資産の魅力を増加させるためドル買いにつながる。

ドル/円<JPY=>は、トランプ氏優勢を受け安全資産の円に資金が流れ込んだことで安く始まったが、その後切り返し、7月27日以来の高値水準である105.87円まで上昇した。

BKアセットマネジメントのマネジング・ディレクター、キャシー・リエン氏は「利回りが市場を動かしている。利回りが上昇している限り、ドル/円は上昇するだろう」と指摘。「米株価の持ち直しやスプレッドの拡大がドル/円の後押し材料となっている」とも述べた。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、0.7%高の98.545と、10月31日以来の高水準を付けた。

ユーロ/ドル<EUR=>は10月28日以来の安値となる1.0920ドルまで下落する場面があった。

カナダドル<CAD=>とメキシコペソ<MXN=>はいずれも対ドルで下落。トランプ氏の保護主義的な政策が最も影響するとみられるメキシコペソは、過去最低の水準まで売られ、終盤は8%安で取引された。

ドル/円 NY終値 105.65/105.68

始値 103.14

高値 105.89

安値 103.15

ユーロ/ドル NY終値 1.0909/1.0910

始値 1.1088

高値 1.1091

安値 1.0907

*内容を追加しました。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧