ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

トランプ氏、クリントン氏メール問題で検察官任命協議せず=側近

2016年11月10日

[ニューヨーク/ワシントン 9日 ロイター] - 米大統領選挙で勝利した共和党のドナルド・トランプ氏は、民主党候補だったヒラリー・クリントン氏の私用メール問題捜査に向けた検察官の任命は現時点で協議していない。トランプ氏の選挙対策本部を率いていたケリーアン・コンウェイ氏が9日、明らかにした。

コンウェイ氏はMSNBCに対し、トランプ氏、および副大統領就任が決まったマイク・ペンス氏は「米国の統一を目指している」とし、クリントン氏のメール問題をめぐり検察官の任命について現時点では協議していないと述べた。ただ、今後協議する可能性はあると含みを残した。

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


ロイター発 新着ニュース

ロイター提供、日本と世界の最新ニュースをお届けします。

「ロイター発 新着ニュース」

⇒バックナンバー一覧